薬でシミをなくして美肌を手に入れよう!

薬でシミをなくす方法について

シミは年を取るとどうして増えるの?

2015年8月7日 | コメントは受け付けていません。

シミは年を取るとどうして増えるの?

シミは年を取るとどうして増えるのでしょう?

年を取っても、20代の頃のように肌は艶々でシワもなく、白髪もなく、いつまでも若々しくいたい・・・そんな願いは持たない方が良いのかもしれません。

いつまでも若いままなのは不自然です。

自然の法則に従い自然に老いてゆく・・・外見や見た目なんて気にしない。

何歳に診られようと、子供に馬鹿にされようと気にしない。

自分は自分、自然のままでいいではないか。

と思えれば苦労はしないのですが、そうもいかないものです。

昔の皇帝も不老不死の薬を作ったり、若さを保つ為にいろいろ試したと、ききます。

しかし、なかなか思うようにはいきませんが・・・人間はそのような生き物なのかも知れません。

少しでも、若々しく元気で長生きしたい。

それは人間の欲、その欲があるから長生きできるのかもしれません。

若々しくいようとする人にとってシミは大敵です。

シミが多いと老けて見られます。

人は第一印象が大事ですから、若く見られたいのです。

「そんなちょっとの事、気にしない」と思うのですが、気にしてしまうのです。

私もこれ以上シミが増えないように毎日努力している日々です。

年齢を重ねるごとにシミが増えるのはどうしてでしょうか?

肌は紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素を出そうとします。

紫外線から肌を守っているわけですから、一概に悪い物質ではないようです。

黒人は赤道直下の地域から肌を守ろうと代々、メラニン色素の濃い肌を遺伝子として受け継いできています。

黒人はとても肌が丈夫で、メラニン色素で守られていたのです。

日本人はこのような遺伝子がない為、シミとなって顔に表れてしまいます。

メラニン色素ができた肌はしばらく肌にとどまりますが、そのうち肌の新陳代謝によってなくなります。

紫外線に当たる頻度が高くなると、真っ黒になってしまいますが、しばらく紫外線に当たらなければ、また元の肌の色に戻るようです。

若い頃はこのようなメカニズムでシミにならないまま白い肌に戻るのですが、年を取ると新陳代謝や基礎代謝が落ちてきます。

細胞が活発ではなくなるのでしょうか・・・残念なことにメラニン色素が新陳代謝で無くならず、または代謝する時間が長くなる事で、肌に長く留まりシミへと変貌を遂げるようです。

そこで、メラニン色素が変化しないうちに美肌クリームなどで、メラニン色素を撃退しなければならなくなるわけです。