薬でシミをなくして美肌を手に入れよう!

薬でシミをなくす方法について

シミはどうしてできるのでしょう?

2015年8月7日 | コメントは受け付けていません。

人の肌は紫外線を当たると黒くなります。

これはシミではありません。

黒くなるのは肌が紫外線から細胞を守るための防御作業だったのです。

メラノサイトという細胞が紫外線を感じると働き始め肌を黒くして保護しています。

これはカーテンの役目をして紫外線を阻止しているのです。

紫外線の量が多い国で育った人が黒いのはこの為です。

しかし、紫外線の当たらない生活をすれば、肌の色は白くなるようです。

生まれつき黒い人はどうなのかはわかりませんが・・・白くなる作用は新陳代謝と呼ばれ28周期で、新しい皮膚から古い皮膚へと生まれ変わるのです。

この新陳代謝により黒くなっても赤くなっても、元の肌に戻るのですから、ありがたいものです。

若い頃は少し赤くなる程度で、数日後には元の肌に戻っていたのは新陳代謝のおかげだったのです。

紫外線、睡眠不足、ストレス、様々な体の異常から新陳代謝の働きが遅くなり、狂ってくることによってシミはできてしまいます。

遅くなったり、狂ったりした新陳代謝はメラニン色素を肌に残し、または異常に出し続け、白い服に食べこぼしを付けたようなシミになってしまうようです。

シミを消せるいろいろな方法

シミを取るにはどのような方法があるのでしょうか?

紫外線は毎日降り注いでいます。

曇りでも真夏でなくても、紫外線は多いそうです。

4月ごろには紫外線が多いと聞きます。

雨の日はさすがに少ないようですが、曇りでも多いというのには驚きます。

このような環境の中で生活していれば100%紫外線を浴びない過ごすというのは難しいような気がします。

美白クリーム、日焼け止めクリームをしないで、うっかり出かけてしまう日もある事でしょう。

塗ったと思ってもむらになっていたり、体調の良しあしで新陳代謝が悪く黒ずみになってしまうこともあるでしょう。

浴びたくないと思っていても浴びてしまうものです。

シミも最初は小さく薄い物がどんどん歳月と共に育っていきます。

日々の生活に忙しい時はそんなに気にならないのですが、ちょっと時間がある時に「シミが目立ってきたなー」としみじみ思うものです。

年を取るのはありがたい事なのですが、シミだけは無い方が良いようです。

いつまでも若々しくみられたいからでしょうか・・・これからは特に日差しも強くなる時期なので、黒ずみを消せる方法をいろいろ試してみたいと思います。

シミを消す為、作らない為にいろいろな方法があるようですが、中でも驚きなのはコーヒーや紅茶です。

これらの飲み物はカフェインを含みますがカフェインを含まないカフェインフリーの物を選ぶと出来にくくなるそうなのです。

カフェインの入っていないコーヒーや紅茶は妊婦の方のサプリメントの置いてある場所に売っているという印象がありますが、ネットでも購入できるようです。

カフェインは、メラニン色素を拡散させる働きがあるようです。

それに新陳代謝が間に合わないのかもしれません。

また、緑茶にもタンニンが含まれ、シミの大敵になるようです。

しかし、緑茶やコーヒーはそれ以外の面では体に良く、いろいろな成人病を予防すると言われています。

しかし、飲みすぎれば、シミが多くなってしまう・・・知らなければ良かったような気分ですが、シミが多くなると見た目も老けて見えてしまうようなので、少し気を付けてみようと思います。

これらの飲み物を控えめにしたり、カフェインフリーや、タンニンフリーの飲み物を飲んだりと少し努力しなければならないようです。