薬でシミをなくして美肌を手に入れよう!

薬でシミをなくす方法について

薬でシミが消えるって本当?

2015年8月7日 | コメントは受け付けていません。

薬でシミが消えるって本当?

シミが消える薬とはどのような種類があるのでしょうか?

シミに効く飲み薬もあるようです。

消せるというより予防して、増やさないようにするためにヨクイニンやビタミンCなどがあるようです。

また、厚生労働省認定を受けた医薬品もあり、効き目が国に評価されているので、安全であり、試してみたら、かなりの効果が期待できそうです。

アスコルビンサンやL-システイン、9種類の生薬を含んだ、日本で一つだけシミを治療できる物もあります。

予防もできるし、すでに顔にできてしまった物も改善できる優れものです。

肝斑やくすみ、そばかすなどといったものにも効果があり、サプリメントとは違いビタミンCなどの含有量が2000mgと高いので、予防はもちろん、すでにあるものまで改善させることができるようです。

しかも、価格もリーズナブルで始められるのは嬉しい悲鳴です。

また、サプリメントでも、コラーゲンによって美白できる物もあるようです。

ある会社の社員が母親の為に開発した物もあるようで、これは顔以外にも、腕、背中や全身に効果が期待されるようです。

飲む薬でシミを改善する方法もありますが、塗るでシミを改善する方法もあるようです。

肌を白くするため医療機関でも使用されている「ハイドロキノン」という薬がありますが、この薬より17倍も、美白効果のあるクリームがあるという事です。

この薬を塗った方の多くが気になるシミを消し、陶器のような白い肌を取り戻しているということです。

この美白クリームはメラニン色素の生成をまんべんなく抑えるため、一部分だけ白くなるという事がなく、顔全体の肝斑、くすみ、色素沈着、ニキビの後なども白く透明な肌へと導いています。

このクリームを試した方は、驚きの体験談をつづっているという事です。

ぜひ私も試してみたい気持ちになりました。

このクリームはルミキシルペプチドを配合していて、黒ずみの原因となるチロシナーゼを阻害します。

黒ずみをもとから断って、シミを作られないというわけです。

効果は2週間くらいで実感できるようです。

お値段は少し高めですが、結果はかなり白くなり満足のいく値段かもしれません。

他にも、いろいろな商品がありますので、ぜひこちらをご覧ください。

シミに効く飲み薬

シミはどうしてできるのでしょう?

シミはなぜできるのでしょう?

赤ちゃんの肌にはシミはありません。

ほくろはありますが、もちもちとしたきれいな肌です。

もともと肌の色が黒い人は少しくらい黒ずんでいても、気になりません。

メラニン色素が多いからでしょうか?

黒ずんできたと心配する事も無いので、羨ましいくらいです。

私たち黄色人種、または白人の方は肌の色が白いので、黒ずみが目立ちます。

小さい時はそばかすくらいで心配ないのですが年齢を重ねると、ちょっとの油断で黒ずんでしまいます。

若い事は赤くなるだけで済んでいたのに、いつからか小さいシミができはじめ、気が付くとどんどん濃く大きくなってきます。

やはり、小さい時から気を付け、紫外線を浴びないように日焼け止めをした方が良いのかもしれません。

朝、顔を洗ったら、すぐ日焼け止めを塗るとか、またお昼になったら塗りなおすとか、まめに塗りなおさないとクリームも取れてしまいます。

紫外線は目には見えないので、油断してはいけません。

家の中にいても窓のガラスから紫外線が入ってくるという事です。

美白を保つのはかなりの努力が必要です。